本当にモノが売れないの? 本当に本が売れないの?

エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)の創始者、藤村正宏先生の何冊目? 20数冊目の著書「新版 安売りするな! 「価値」を売れ!」が発売になります。現時点では本屋さんにもAmazonでも販売していません。予約受け付け中。昨日の出版セミナーで先行販売となりました。

なんとなんと、すごいのが、発売前に重版決定。何部発行かわかりませんが、すごいことですよ。発売前にですよ? これがSNSの力か!? と驚かされるばかりです。しかも、出版不況、本が売れない、モノが売れないという現代において、発売される前の本が早々に重版とは。

それができたのは、SNSの力。「これは絶対に使える!」と思ってから、徹底的に勉強をした藤村先生は、時間をかけて、相当な勉強をしたと言います。何年もかけて勉強・実践の繰り返し。そして今があるんです。「よし、モノが売れるならSNSで拡散しよう!」と意気込んでも、そんなカンタンにはできません。マーケティングのコンサルタントである藤村先生でさえ、それ相当の時間がかかっているわけです。

そうやって、多くの人と関係をつくり、自分を発信し、共感を得て、ファンを増やしてきたのです。一朝一夕ではできないこと。時間はかかるけど、勉強をし、発信し、反応を見て、変化をしながら、また発信。その繰り返しなんですよね。

僕がいる出版業界はこういう事例を見習い、SNSをもっともっと活用したほうがいいと思うんです。「いや〜、うちはね〜」とか「SNSは面倒くさい」とか「そもそも興味ない」とか言っている場合ではないんですよね。多くの可能性を秘めているSNS。特にTwitterとブログ。これをフル活用することで、ビジネスに結びついていくということなんですよね。

今までよりも使うようになって、その意味がわかってきました。焦らず、ゆっくり、緩やかな関係をつくっていく。たくさんの人とつながることで、たくさんの見込み客を作れる可能性がある。それがSNS。もっともっと活用していきます。

今までの常識を外して、新たなことに取り組んでいきましょう。

しっかりと勉強します!

しっかりと勉強します!